4月1日発行にて『解釈』65巻3・4月号(古代特集)発行いたしました。

引き続き全国大会研究発表者を募集しております(締め切りました、ご応募ありがとうございました)。

 

『解釈』 65巻 3・4月号 目次(特集 古 代)

「鴛鴦」考  ──『源氏物語』朝顔巻光源氏歌を中心に── 小西 美来               2

「香をなつかしみ」考──『源氏物語』の造語として── 吉海直人・岸ひとみ     11

浮舟の辞世歌──「風」と「巻数」をキーワードに読む── 山崎 和子              16

『源氏物語』胡蝶巻「(浅くも思ひ)きこえさせ(ぬ心ざしに)」の解釈 藁谷 隆純   26

〔研究ノート〕
『河海抄』が引く『文選』の「形 ヲソシ」について  田中 政幸    28

定家「夕まぐれ」詠における伝統と革新 ──風の表現および桐の素材を中心に── 村中 菜摘    34

万葉集巻十四「東歌」解釈一題──「いで子賜たばりに」考── 黒田  徹    44

文学碑めぐり26
勝田香月「出船」歌碑(能代港) 仁平 道明  55
解釈学会会則  58
『解釈』投稿規程   60
『解釈』創刊趣意書  62
解釈学会賞規程  63
あとがき