『解釈』64巻11・12月号(国語学特集)を刊行致しました。
巻末には総目次がついております。

解釈 十一・十二月号 目次(特集 国語学)
現代語の「こそ」構文とモダリティ形式   田中利砂子 2
主語論の方法──三上章の主語否定論についての検討を足がかりとして──   竹林 一志 12
『拾遺抄』の「詞書」の語彙について   若林 俊英 23
〔研究ノート〕山本周五郎『小説日本婦道記』「桃の井戸」における敬語小考  藁谷 隆純  35
坪内逍遙の小説に表象された女性観──『当世書生気質』『妹と背かゞみ』「細君」「巣守の妻」を素材に──清水徹 44
文学碑めぐり ㉔
大伴家持「須賣呂伎能」歌碑(黄金山神社)仁平 道明 55
解釈学会会則 57
『解釈』投稿規程 59
総目次 61
あとがき 64
彙報 表3